JRAを777%楽しみましょう。

目標は回収率120%です。

【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~ワグネリアンが無傷で重賞制覇

2017/11/18(土)

東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は1番人気ワグネリアン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。3馬身差の2着に2番人気ルーカス、さらにクビ差の3着に3番人気シャルルマーニュが入った。

ワグネリアンは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「思ったよりもペースが流れていましたが、捕まえられる感触がありました。直線は後ろから1頭来るかと思い、ターフビジョンを確認していました。2歳としては最有力ではないかと思います。課題としては普段からカッカしていることと、だんだんレースで行き脚がつくようになっているということが距離を延ばした時にどうなるかということだと思います」

1着 ワグネリアン(友道康夫調教師)
「前残りになることが怖かったので、流れてくれて良かったです。初めての輸送もこなしてくれて、馬体も増えていたので、課題はクリアできたと思います。今日もテンションは高かったですが、前回より少し落ちついていたので、良くなってきています。次走は予定通り弥生賞を使うつもりです」

2着 ルーカス(R・ムーア騎手)
「良いレースをしてくれました。まだ2戦目で、馬体は出来上がっていませんが、力はあります。今回は勝った馬が強かったです」

3着 シャルルマーニュ(戸崎圭太騎手)
「ペースが速い中でも、いいリズムで行くことができました。交わされてからもよく頑張っています。切れるタイプではなく、長くいい脚が使えますね」

4着 カフジバンガード(吉田豊騎手)
「良い形で進められ、終いも頑張っています。切れるタイプではないので、もう少し馬場がしぶってくれると良かったです」

5着 ゴールドギア(北村宏司騎手)
「道中楽な手応えではなかったのですが、ロスなく行けました。最後も追い詰めるまではいけなくても、この馬なりに頑張っています」

6着 コスモイグナーツ(柴田大知騎手)
「後ろからも来られたことで、ペースが速くなってしまいました。雨が降ってくれたら違った結果になったと思います」

7着 ケワロス(牧浦充徳調教師)
「道中で力んでいた分があってか、最後に脚が上がりました。今後のために長めの距離を使いましたが、本質的には短い方が良いのかもしれません」

【もちの木賞】(京都)~ビッグスモーキーがレコードV

2017/11/18(土)

京都9Rのもちの木賞(2歳500万下・ダート1800m)は3番人気ビッグスモーキー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(重)。半馬身差の2着に7番人気サージュミノル、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気サクラアリュールが入った。

ビッグスモーキーは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スモークンフローリック(母の父Smoke Glacken)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ビッグスモーキー(浜中俊騎手)
「スタートを上手に切って、良いポジションにつけられました。直線でもしっかり伸びてくれました。時計が出やすい馬場なのでレコードタイムになりましたが、速い時計に対応してくれたのは良かったです」

1着 ビッグスモーキー(清水久詞調教師)
「馬込みで辛抱して、間を割って抜けてくれました。先につながる競馬内容でした。今後は芝を試す可能性もゼロではありませんが、馬の状態を最優先にして考えたいです」

4着 コマビショウ(和田竜二騎手)
「ゲートは出ていますが、大トビなので行き脚がつきませんでした。流れも向きませんでした。それでも能力は高いと思いますし、よく走っています」

6着 キーフラッシュ(藤岡康太騎手)
「うまく立ち回っていましたし、最後もバタッと止まっていません。速い決着のわりにはよく頑張っています」

【2歳未勝利】(阪神1R)~ビッグスモーキーが勝利

2017/09/23(土)

阪神1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は1番人気ビッグスモーキー(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7(稍重)。5馬身差の2着に3番人気タイセイビスタ、さらに半馬身差の3着に6番人気クリノカポネが入った。

ビッグスモーキーは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スモークンフローリック(母の父Smoke Glacken)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ビッグスモーキー(C・ルメール騎手)
「まだ子供っぽい所があって、スタート後に物見をして位置が後ろになりました。しかし、集中してからは力が違った感じです。きれいな体形をしていますし、走りそうな馬です」

4着 ブロンズケイ(富田暁騎手)
「2着馬の後ろのある程度前の位置でレースができました。直線でいい脚を使ったのですが、ビュッと動ける脚がないので、途中から惰性をつけて動いて行けば良かったかもしれません」

5着 レッドジョルト(松山弘平騎手)
「スタートを良く出ていいレースぶりでした。ダートも合うと思います」

【2歳500万下】(東京7R)~ムスコローソが勝利

2017/11/18(土)

東京7Rの2歳500万下(芝1400m)は2番人気ムスコローソ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。クビ差2着に10番人気モデレイト、さらにクビ差で3着に7番人気シスルが入った。

ムスコローソは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母ルナレガーロ(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ムスコローソ(手塚貴久調教師)
「1400mですし、ハマってくれるかと思っていました。もう少し力をつけてからだと思います。勝ちはしましたが、決め脚比べになると厳しい面もあるので...。次走はオーナーと相談して決めます」

2着 モデレイト(武藤雅騎手)
「前目でレースをしようと思っていました。最後は真っ直ぐ追えれば良かったのですが...」

3着 シスル(三浦皇成騎手)
「ダートの方がいいのかもしれません。反応はしています。ペースが流れる中で、積極的に競馬ができるのはいい面です」

新潟11Rの第37回新潟2歳ステークス(GIII、2歳、芝1600m)

2017/08/27(日)

~レース後のコメント~

12着 ムスコローソ(大野騎手)
「位置取りが悪くなってタイトなレースになりました。道中で気負った分、精神的に幼い面が出てしまいました」