JRAを777%楽しみましょう。

目標は回収率120%です。

【京成杯】(中山)~ジェネラーレウーノが3連勝で重賞初制

2018/01/14(日)

中山11Rの第58回京成杯(GIII、3歳、芝2000m)は1番人気ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。1/2馬身差2着に2番人気コズミックフォース、さらに1/2馬身差で3着に6番人気イェッツトが入った。

ジェネラーレウーノは美浦・矢野英一厩舎の3歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母シャンハイロック(母の父ロックオブジブラルタル)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ジェネラーレウーノ(田辺騎手)
「スタートで思っていた以上にポンと出てくれました。前回は先頭に立って物見をしていたので、今日は2番手から行ったところ、折り合いもしっかりつきました。直線で1頭になってしまうとフワフワ走ってしまうので、前に目標を置きながらレースをしました。まだこの馬の本気が分からないので、今後がとても楽しみです」

(矢野英一調教師)
「離れた2番手からのレースで、物見もせずに集中して走れたのは収穫です。チークピーシーズの効果でしょう。本来、終いの脚はもっと伸びるはずですし、距離はもっと延びてもいいはずです。この後は皐月賞へ直行する予定です」

2着 コズミックフォース(戸崎騎手)
「ゲートも出て、もっと先団に行きたかったのですが、あの位置になってしまいました。それでもリズム良く追走出来て、追い出すと反応良く伸びてくれました。ペースが速かったのでいけると思ったのですが、残念です」

3着 イェッツト(蛯名騎手)
「今日はまだキャリア2戦目で、重賞のペースに戸惑っていました。まだ気持ちも体も若いですが、3着に来るのですから素質がありますね。どちらかというと東京コース向きの印象もありますし、まだこれから良くなる時期なので、大事に育てて能力を伸ばしていけるようになればいいと思います」

13着 デルタバローズ(石橋脩騎手)
「今日はレース前からテンションが高かったですね。ですからレースも我慢させて、実際、我慢出来ていたのですが、前半に力んだ部分もあり、最後はスタミナがなくなってしまいました。今日は距離以前の問題でした」

【紅梅S】(京都)~モルトアレグロが好位追走からゴール前抜け出す

2018/01/14(日)

京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1400m)は2番人気モルトアレグロ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。1馬身1/2差2着に4番人気ラブカンプー、さらに1馬身1/4差で3着に5番人気グリエルマが入った。

モルトアレグロは美浦・武井亮厩舎の3歳牝馬で、父Speightstown、母Mo Chuisle(母の父Free House)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 モルトアレグロ(M.デムーロ騎手)
「ずっと楽に折り合いがついて、3番手から運べました。一生懸命走ります。マイルまでは大丈夫です。テンションは高かったですね」

2着 ラブカンプー(川田騎手)
「マイペースで行けました。終始自分のペースで行ければ1400mまでこなせます」

3着 グリエルマ(小牧騎手)
「ゲートは出ていますが、二の脚がつきませんでした。でもラストはすごい脚で、能力を感じます」

4着 シグナライズ(ルメール騎手)
「道中はリラックスして走っていましたが、直線はハミを取らず、反応出来ませんでした。よく分かりません」

5着 マリアバローズ(福永騎手)
「スッと置かれるところがあるので、現状はもう少し距離があった方が良さそうです」

【ごぎょう賞】(中京)~マニクールが人気に応える

2018/01/14(日)

中京10Rのごぎょう賞(3歳500万下、ダート1200m)は1番人気マニクール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0(良)。1/2馬身差2着に2番人気バイラ、さらに3/4馬身差で3着に7番人気セパヌイールが入った。

マニクールは栗東・大久保龍厩舎の3歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母フェミニンガール(母の父Kingmambo)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マニクール(北村友騎手)
「ゲートセンスがありますし、スピードもあります。一生懸命に走る馬です」

2着 バイラ(松山騎手)
「いい位置で競馬が出来ましたが、中京だと直線で内にササって伸びを欠いてしまいます」

3着 セパヌイール(松若騎手)
「スタートも良く、昇級戦でもいいスピードを見せてくれました。交わせると思ったのですが...。これから良くなってくると思います」

10着 オーロスターキス(川島騎手)
「中京は初めてで、追い出すと外へ外へと逃げていました」

【3歳500万下】(京都6R)~スマハマが連勝

2018/01/14(日)

京都6Rの3歳500万下(ダート1800m)は2番人気スマハマ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒7(稍重)。2馬身差2着に1番人気グレートタイム、さらに5馬身差で3着に5番人気テーオーエナジーが入った。

スマハマは栗東・高橋亮厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母サウンドザビーチ(母の父アフリート)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 スマハマ(藤岡佑騎手)
「返し馬から良かったです。走る馬です。初戦の1番枠からのレースを踏まえて逃げるレースをしました。使うごとに良くなっています」

(高橋亮調教師)
「枠も良かったと思います。今日は時計も速く、力があるところを見せてくれました。まだ課題はあるでしょうが、楽しみです。この後はヒヤシンスSを視野に入れています」

2着 グレートタイム(ルメール騎手)
「いいスタートからいい位置でレースが出来ました。最後も伸びていますが、前の馬が止まりませんでした。勝った馬が強かったです」

4着 マイネルユキツバキ(川田騎手)
「現状での精一杯、馬はよく頑張ってくれました」

【3歳500万下】(中山6R)~ビリーバーが勝利

2018/01/14(日)

中山6Rの3歳500万下(芝1200m)は8番人気ビリーバー(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。アタマ差2着に11番人気メイラヴェル、さらにハナ差で3着に1番人気ウィズが入った。

ビリーバーは美浦・石毛善彦厩舎の3歳牝馬で、父モンテロッソ、母デイドリーマー(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ビリーバー(杉原騎手)
「調教の時から我慢させる競馬を教えてきて、今回それがレースで生きました。これまでの先行する競馬とは違った走りが出来て良かったです」

2着 メイラヴェル(津村騎手)
「テンションが難しい馬で、返し馬から落ち着かせました。競馬が上手で、馬群を割る根性がすごい馬です」

3着 ウィズ(大野騎手)
「折り合いがしっかりつきました。距離は1200mの方が良いと思います」

5着 セイウンリリシイ(内田博騎手)
「ペースがきつかったです。内だったのでどうしても前に行くしかありませんでした。4コーナーでは、外から他の馬に来られて息を入れるタイミングがありませんでした。ただ、前に行った方が良いレースが出来るタイプなので、あとはペース次第です」

【菜の花賞】(中山)~断然人気のオハナが鮮やかに差し切りデビュー2連勝

2018/01/13(土)

中山9Rの菜の花賞(3歳500万下・牝馬・芝1600m)は1番人気オハナ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。1馬身差の2着に7番人気ダンツクレイオー、さらに半馬身差の3着に2番人気ラソワドールが入った。

オハナは美浦・堀宣行厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ハウオリ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オハナ(石橋脩騎手)
「落ち着いてゲートを出てくれましたし、思った通りのコース取りから、しっかり脚を使ってくれました。評価できますし、この先も順調にいってほしいです」

3着 ラソワドール(田辺裕信騎手)
「タイミングが合わず出負けしましたが、その後はリズム良く走ってくれました。後方から行った割に食らいついていましたし、スタートや位置取り次第では勝てていたかもしれません」

9着 ミスマンマミーア(森泰斗騎手)
「スタートも速くありませんし、忙しいですね。距離がもっとあったほうが良いと思います」